[東京・六本木]おもてなしの心






皆さんは、目の前のお客様に対し興味を持ち、小さな事に気付く「おもてなしの心」をもって、日々お客様と接していますか?
一期一会(いちごいちえ)とは、
茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。
茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という含意で用いられ、さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と戒める言葉。
一生に一度だけの機会そのものを指す語としても用いられる。


【一期一合】を調べると、元は、千利休の言葉として上記の様な言葉がウィキペディアにのっていました。つまり、【おもてなしの心をもって、今、目の前にいる人に接しましょう】ということだと思います。

では、【おもてなしの心】とは、どんな心でしょう?
【おもてなし】ってなんでしょう?

経営のお勉強や、マナー研修・ビジネス研修など、お金を出せばだれでも教えてくれる、誰にでも手に入れることのできるの知識では、私達は、お客様に選んでもらえません。。
先人たちが大切に受け継いできた「おもてなしの心」は、昔も今も変わらない【最上級の心遣い】わかっていそうで、わかっていない、できていそうで、できていない。
そんな【おもてなし】について、ここで改めて考えてみましょう!

開催概要

開催日時
2016年6月14日(水)19:00~20:00
会場
株式会社ランドスケープ(Feel)・ミーティングルーム
東京都港区六本木2-2-8 KDX六本木228ビル3階
参加費
[会員]無料
[一般]3,000円(税込)
※会場の都合上、定員になり次第、締め切らせていただきます。
※本イベント参加者へ勧誘・営業・販売行為は、当LLP理事会による認可がある場合を除き、固くお断りいたします。
この記事をシェア: